【カオスドラゴン】



 関東CSで使ってた【カオスドラゴン】のレシピです。


モンスター(25枚・上級11枚・下級14枚)

青眼の白龍
冥府の使者ゴーズ
サイバー・ドラゴン
ダーク・アームド・ドラゴン
ダークフレア・ドラゴン×3枚
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×3枚

伝説の白石
神竜 アポカリプス
魔導戦士 ブレイカー
コアキメイル・ドラゴ×2枚
フォトン・スラッシャー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
エクリプス・ワイバーン×2枚
死霊騎士デスカリバー・ナイト×3枚


魔法(10枚)

大嵐
月の書
闇の誘惑
死者蘇生
D・D・R×2枚
ブラック・ホール
禁じられた聖槍×2枚
未来融合-フューチャー・フュージョン


罠(6枚)

神の宣告
連鎖除外
激流葬×2枚
サンダー・ブレイク×2枚


エクストラデッキ(15枚)

A・O・J カタストル
氷結界の龍 ブリューナク
スターダスト・ドラゴン
カチコチドラゴン
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ナイトメア
ジェムナイト・パール
ラヴァルバル・チェイン
No.50 ブラック・コーン号
始祖の守護者ティラス
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー
迅雷の騎士ガイアドラグーン
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
F・G・D
キメラテック・フォートレス・ドラゴン


サイドデッキ(15枚)

パペット・プラント
コアキメイル・ドラゴ
サイファー・スカウター
エレクトリック・ワーム×2枚
フォッシル・ダイナ パキケファロ×2枚
サイクロン×3枚
マクロコスモス×2枚
スキルドレイン×3枚




【総評】

 カオス式のドラゴン。聖刻も考えたんですが、どうしても安定した動きができなかったのと、ミラーのコアドラやメタのパキケ等に対する明確な回答が見つからなかった上、プレイヤースキルに左右される印象を受けたので、使い慣れたカオスドラゴンにしました。前環境ではストライカーやフュージョニストを入れたコンボ要素の強いデッキだったんですが、今期ではストライカー制限を受け、より【スタンダード】に近い構築にしました。

 動きとしては【開闢スタン】や【サイカリバー】がイメージしやすいでしょうか。【グッドスタッフ】寄りの構築になってます。ソーサラーをダークフレアに変え、ドラゴン要素を入れることで1Killがしやすくなっています。


【モンスター】

 墓地に行きやすい光はドラゴンとヴェーラーがやってくれるので、闇に悩みましたが、結局墓地に行きやすく、1:1交換が約束されたデスカリバーナイトを3枚積むことで安定しました。除去を踏みながらバックをはがせるという理由でブレイカーもピン刺ししてあります。基本の動きは、デスカリ・コアドラ・ブレイカーと言ったモンスターで神警・サンブレ・激流葬を確認しつつ、除去されたらフォトスラで第二陣を、除去されなかったらヴェーラー等で補助しつつ戦闘を行います。そしてそいつらが墓地に行ったら、墓地の光闇を除外してカオスモンスターを出し、除外したモンスターをDDRで帰還させて大量展開、と言うのが理想の動きです。神警や激流葬は踏んでなんぼなんで、手札にカオスモンスターがいる時は、かなり強気にモンスターを展開していくことができます。

 この様に最初に下級がバックを踏むので、後々の上級が通りやすくなります。この辺りは【マシンガジェ】に近いんですかね。


☆デスカリバーナイト
このデッキの主力アタッカー。主に聖刻やラギア以外には先だしで有効。効果モンスターとの1:1交換で使え、相手にヴェーラー打たせたり、虫やカーD止めたりしつつ殴れます。相手のカードを1枚確実に消費させられるのがポイント。特にヴェーラーは消費させると後続のレダメが凄く楽になります。ラギア等には後出しして除去と絡めることで、アド損ではあるものの、どけやすくなります。

☆コアキメイルドラゴ
メイン2積み。虫相手にもバックやヴェーラーと絡めれば、リビデからの追撃を封じることができ、聖刻相手にはメインで出せば完封も見えるほどの制圧力を見せてくれます。トラゴーズフェーダーと言った1kill防止要員を止める事も出き、主なランク4エクシーズやシンクロ先を止めることもできるので、ドラゴン族の中での制圧力は異常。自分の展開の邪魔になったらエクシーズしてしまえばいいです。

☆エクリプスワイバーン
どこからでも墓地に行けば、デッキから上級光闇ドラゴンを除外できる。まあ基本的にレダメですね。レダメを除外することで、DDRが使いやすくなり、またカオスモンスターを出す際のコストにすることで、手札を1枚増やす事ができます。地味に強力。エクシーズ素材になっても、取り除けば効果発動するので強力。フォトスラのお供に展開したりする。主に場に出さず、サンブレやダフレのコストにするのが理想。ただダフレ召喚時のコストにしたい場合は召喚もあり。相手が神警・激流葬を打ちにくいモンスター。

☆ブレイカー
ピン刺し。バックを踏みに行くためのモンスター。手札にヴェーラーがいたり、バックで守れたりする時に先攻で出すと、相手の伏せをためらわせる事ができ、返し1Killが狙えたりする。フォトスラのお供に出して、バックをはがし、エクシーズして神警使わせ、墓地に落ちたフォトスラ・ブレイカー除外してカオスモンスター、と言うのは割と良く使う手。

☆フォトンスラッシャー
サイドラ枠。激流葬や神警で自分の場が空いた時に追撃で出せる。☆4、打点2100、SSできると割とぶっ飛んだ性能をしてて強い。横にモンスターがいるとニートになるけど、単騎で殴ってればいい。また☆4でSSできるということは、ランク4エクシーズが作りやすいと言う事。パールやブラックコーン、チェイン、ローチなど状況に合わせて作りに行ける。デスカリやコアドラに神警・激流葬踏ませて、フォトスラの2100で追撃はなかなかエグい。

☆神龍アポカリプス
未来融合からの1killパーツ。墓地からドラゴン加えられるので、光闇調整しつつダフレ・レダメを回収したりする。と言っても未来融合使わない時は、誘惑のコストになったり、ダフレの手札コストにしたり、カオスモンスターSS時の墓地コストにしたりと、コストになってばっかり。一応闇☆4でレダメでSSできるので、ヴェルズナイトメアとか出せる。

☆伝説の白石
☆青眼の白龍
手札コスト兼打点兼墓地に行く光属性モンスター。未来融合からの1Killパーツ。大抵の場合、サイチェン時に抜ける。一応ダフレで白石コストレダメ落として、レダメ除外して青眼回収。青眼切ってDDRでレダメ出す→レダメ効果青眼蘇生で8200行くので1Kill。これは割と基本のコンボなのでメインで狙えるルートとして使える。その他サンブレのコストにしたりなんなり。墓地の光闇を気にしないのであれば、手札の青眼は積極的に捨てる。手札の青眼は事故要因なので。白石青眼がセットできたら、白石の扱いに要注意。下手に墓地に送られるとデッキピーピングされます。レダメのSSコストにしてしまうのがいいです。

☆サイバードラゴン
フォトスラ3にしないのは、虫相手のゼンマインがきついから。一応カラクリ対策にもなる。また、サイドラSSからダフレを展開することで、ランク5が作れるようになってます。聖刻相手のクリムゾンシャドーの安心感はかなりのものなので、メイン2で作るのも十分にあり。リリースにも使えるし、打点もあるしで安定して使える。ただし激流葬流行ってるので、やや腐りやすくなってるのも確か。その辺りを考えてピン刺しです。

☆エフェクトヴェーラー
解説もいらないんじゃね?ってくらいのモンスター。虫とか相手に強い。墓地に行きやすい光なんで、コストとしても優秀。一応チューナー。デスカリNSして、手札にヴェーラーいれば聖刻相手にも安心感持てる。コアドラと合わせると虫は相当動きにくくなります。3は邪魔ですが、ピンだと引かないんで2枚で丁度いいのかな。過信はできないですが、お守りにはなります。

☆ダークフレアドラゴン
打点にして潤滑剤。手札とデッキのドラゴンをコストで墓地に送れるので、次のカオス系のための餌を置ける。ソーサラーと違って除去ははできないものの、その能力は攻撃的。相手の墓地のリソースを削れるのはトリシューラ禁止の今では割と貴重。自分の墓地のモンスター除外して闇3調整したり、レダメ除外してDDR絡めたりと使いやすいです。エクリプスをコストにSSしてレダメ回収→自身をコストにレダメSSができるのはソーサラーには無い利点。

☆開闢
☆ダークアームドドラゴン
特に解説要らないんじゃないかな。カオス系の必須モンスター。こいつら両方採用できるだけで、デッキ組む意義あると思えるレベル。ダムドは効果使った後は除外してレダメのコストにしても可。開闢は強いけど、激流葬で流された後の死者蘇生にだけは要注意。

☆レッドアイズダークネスメタルドラゴン
ドラゴンの必須枠。場にモンスターを増やしつつ、2体並べばグスタフマックス。手札から出す2体目は強いけど、手札から出す1体目は割とアド損になりやすいので注意。基本は蘇生やDDRで釣りたい。除去やヴェーラー飛んでくるのは当たり前と思っていいです。除去はなるべくその前段階の下級に踏ませるのがベスト。

☆冥府の使者ゴーズ
1kill対策。トラゴでもいいんですが、手札消費激しいこのデッキにややミスマッチなのと、虫に弱いのが弱点。なので2体並んで打点稼げるゴーズにしました。バーンダメでも出せるのがポイント。結構幅広いデッキに強いです。


【魔法】

 強謙はデッキばれと動きに制限を与えるだけなので採用しませんでした。フォトスラやカオス系のモンスターが使いにくくなるのは考えもの。そもそもが【グッドスタッフ】寄りなので、引いたカードからその場面で強いものを順番に出していくと言うシンプルなデッキ。特に強謙が無くて困ると言う場面も無かったです。


☆闇の誘惑
ドローソース。主なコストはレダメですが、ダフレやアポカリ・ダムドでも可。逆にデスカリやブレイカーはコストにしない方が良いです。レダメを除外する限りは単純に手札交換できてる感じなのでめっちゃ強いです。

☆大嵐
☆月の書
☆死者蘇生
☆ブラックホール
必須枠。特に解説要らないでしょう。

☆禁じられた聖槍
奈落・激流葬・ブラホ・サンブレ等々を避けれる優秀なカード。サンブレに打つとアド稼げます。800の補正も割と優秀で1900ラインでの打ちあいにも勝て、メタモンスターであるデスカリやコアドラを守ることで、相手の計算を狂わせます。デスカリ立てて槍打つと、割とラギアやオピオン、シエンと言ったモンスターの突破もしやすくなるので覚えておくといいかもです。

☆DDR
除外されたモンスターの帰還を行うカード。基本はレダメ一択。コストでドラゴンを捨ててレダメを蘇生する場合は、手札コスト帳消しにできるんでめっちゃ強いです。カオス系のモンスターとの噛み合いもよく、タイムラグも無いため、このデッキではリビデより使いやすいです。エクリプスや誘惑で早目にレダメ除外しておくと打てる場面が増えます。サイクとか警告に注意。3枚は事故るので、2枚で安定しました。

☆未来融合
ドラゴンの最強カード。相手の場にモンスターがいない状況であれば、墓地に闇1、ダフレとこれ1枚+適当な手札1枚あれば、トラゴーズフェーダーとヴェーラー1枚までならすり抜けて1killできます。基本の動きは以下の通り。

①エクリプス×2・アポカリ・コアドラ・白石を落とす。エクリプスでレダメ×2を除外し、白石で青眼回収。
②エクリプス墓地闇1を除外してダフレをSS.エクリプスでレダメAを回収。
③手札から青眼、デッキからレダメCを落として、自分の墓地のエクリプスを除外。エクリプスでレダメBを回収。
④ダフレを除外して手札からレダメAをSS.効果起動。墓地からアポカリプス蘇生。
⑤アポカリプス効果。手札から適当なカード1枚切って、墓地からレダメCを回収。
⑥アポカリプス切って、手札からレダメBをSS.墓地からコアドラを蘇生。
⑦レダメ×2とコアドラで攻撃。7600ダメージ。
⑧メイン2でレダメ×2でグスタフ作って2000バーンで終了。

 途中でレダメにヴェーラー打たれても、レダメAを除外してレダメBをSS.墓地からアポカリ釣って、レダメC回収。アポカリ除外してレダメCをSSすれば、レダメ×2コアドラまで行けます。基本未来融合+ダフレがある時は、このレダメ×2コアドラに以下に持っていくかを考えればOK.手札に複数のダフレがいたり、あるいは最初からレダメ握ってたり、DDRがあったりする場合はさらに幅のある動きができます。

 逆に未来融合+DDRは相手がヴェーラー持ってると、即止まるので注意。手札にレダメがいたり、アポカリプスがいたりするとフォローできます。基本的に未来融合は打ったターンに勝負決めるのがベスト。FGDは見せるだけです。今の環境、墓地5枚増やした所で、相手に何の脅威も与えられないので、増やした墓地アドはそのターン中に使い切ってKillに行きましょう。


【罠】

 必要最低限のもののみ。サンダーブレイクが非常に優秀です。神警は2000ライフ重い上にリビデ無制限なので抜きました。コアドラ立ててサンブレで守る方が強かったです。奈落は打ちどころが限られるのでこれも不採用。コアドラがつy(ry

☆連鎖除外
メインピン刺し。サイドから積むよりメインからの方が意表つけて強いです。カーD増えてますし、聖刻・虫にそれなりに打てる上、ゼンマイや天使、六武衆と言った辺りにも一応打てます。ゼンマイや六武はこちら先攻が前提ですが……。ピン刺しや2枚と言ったカードに打つことで、手札・デッキピーピングできるのがポイント。ダスト禁止の今、無理なくピーピングできるのは強いです。

☆激流葬
☆神の宣告
必須枠。特に解説は無し。激流葬は2積みできるの超強いです。ラギア相手の時だけスタロに注意。なるべくモンスター1体の時に打ちたいです。虫相手は打ってもリビデで戻ってくる事は覚悟しましょう。

☆サンダーブレイク
このデッキでは手札を能動的に切りつつ、相手のカードを割れるこのカードはめっちゃ強いです。墓地の光闇を調整しつつ、デスカリ・コアドラ守ったり、相手のセットカードを剥がしたりと使い方は様々。フリチェ汎用罠強いですね。


【サイド】

 虫と聖刻を主にメタりつつ、ラヴァルやヒロビ・六武もフォローした感じ。スキドレが刺さる幅が広く、対応できる範囲は割と広めだと思います。

☆パペットプラント
☆サイファースカウター
ヒロビ・六武対策。ヒロビと六武等、バック厚くして攻め込んでくるデッキにそんなに強くないんで、採用を決定。やっぱりそれなりに数がいるんで、取りこぼさないようにってところです。基本はこれに加えてパキケファロを足して対策にします。

☆エレクトリックワーム
ラギアやヴェルズ対策。ラギア・オピオンを奪えればエンドゲームに持って行けるほどのアドを稼げるので採用。聖刻相手にもピン刺しとかして、相手のコアドラ奪ってビートとかもできます。ただし聖刻相手は防御カードがそれなりにないと、これ使う前にKillされるので注意。

☆コアキメイルドラゴ
聖刻相手の3枚目。聖刻はこれ1枚でほとんど詰むので、いかに引けるかを考えると3枚はいるかなと言う所。

☆パキケファロ
主に聖刻相手のメタ。コアドラ3枚じゃ引けるか怪しい部分あるので、追加分。ラヴァルはヒロビ相手にも見る事ができ、リバースでSSしたモンスター全破壊は鬼。関東CSでも活躍してくれました。

☆スキルドレイン
主に虫対策。その他ライロ・ゼンマイ等。私のデッキはスキドレ刺さるのが開闢・ダムド・レダメ・ブレイカーくらい。ダフレはコストでモンスター送るだけならできますし、デスカリ・エクリプスは問題なく発動します。スキドレが刺さるデッキは打点低いデッキが多いので、効果使えなくても打点だけで押せる感じ。虫にコスモスだけだと、スノーマン・ライコウで詰むので、こちらを多めに採用。サイク3・サンブレ2~3・ライコウ3を考えると、ライフコストあっても割られにくいこちらを3枚採用しました。神警使ってないんで、コスト1000×3は許容範囲です。

☆マクロコスモス
主に虫・ラヴァル対策。その他墓地利用等。虫は永続罠で詰むとのことで、バック剥がすカードが多め。なのでこちらもスキドレ3・コスモス2の引きゲー対決に持ち込む事にしました。ヴェーラー2・スキドレ3・コスモス2で大分虫止められます。……まぁ、これ系のカードばっか引いちゃうってことも十分にあるので、そこら辺は兼ね合いですが。

☆サイクロン
メインだと弱いのでサイド。ドラゴン見ると、サイチェン後バック増やしてくる人が多いので、サイチェン時に2枚くらい入れるようにしてます。2戦目以降だと、1戦目見てるので相手のバックがある程度予想付きやすく、打ちやすくなります。

【サイチェン】

 全体的に抜けやすいのは、白石・青眼ペアとDDR1、ダムド。理由としては事故要素を減らして、コンボパーツを減らし、カード単体で戦えるカードを増やしたいから。ダムドは出せれば強いんですが、どうしても出せない場面だと腐っちゃうんで、その辺り考えると2戦目は抜ける確率高いですね。全体的にコアドラやパキケ、スキドレやコスモスと言った、ダムドとアンチシナジーのカードを多めに入れるので。逆に開闢はコスト軽いんで、残ります。

☆聖刻
抜き:サイドラ・ダムド・白石・青眼・DDR1・ダムド
入れ:コアドラ・パキケ2・エレクトリックワーム・サイクロン2

メタモンスター増やす感じ。コアドラパキケ出して守れば勝ちでしょって言う投げやりなサイチェン。後はフォトスラ+αでローチ立てたりとかのプレイング面かな。

☆虫
抜き:ヴェーラー・ブレイカー・白石・青眼・ダムド・DDR1・激流葬・サンブレ1
入れ:スキドレ3・コスモス2・サイクロン2・コアドラ

メタ罠増やして、メタビ寄りにする感じ。コスモス入るんでヴェーラーとサンブレが減ります。また罠の枚数の関係上、激流葬よりメタ罠が強いので、1枚抜けます。コアドラは単純にブレイカーが抜けた後の打点。スキドレで効果消えて光闇SSできるようになったりするんで、その辺り柔軟に。フォトスラもスキドレ貼れば隣にモンスターいても殴れるようになります。


☆ラヴァル
抜き:サイドラ・白石・青眼・ダムド・DDR1・誘惑・連鎖除外
入れ:コアドラ・パキケ2・サイク2・コスモス2

SS封じと、墓地利用封じ。コアドラでフェーダー止め。デスカリで侍女止めたりとか。動き鈍いうちに早目に殴り潰すのが理想。パキケ出して、キャノン・砲兵ケアできれば勝ちに近づくかと。


☆ラギア・ヴェルズラギア
抜き:白石・青眼・ヴェーラー2・連鎖除外
入れ:エレクトリックワーム2・サイクロン3

バック剥がすカードと、ラギア・オピオン対策のワームを入れる。バックさえ剥がせればラギアは突破できる。なのでオピオンにだけ注意。相手もオピオン狙ってくると思うので、デスカリやワームで上手く戦うのがベター。どうしても無理そうならパキケ入れるのもあり。


☆ヒロビ・六武
抜き:白石・青眼・ヴェーラー2・ダムド・誘惑・DDR1・連鎖除外
入れ:パぺプラ・サイファー・パキケ2・コアドラ・サイク3

 打点ゲーとSS封じを合わせた感じ。パキケは後出しセットで全滅を狙う。コアドラは打点。後はエクシーズ・シエン・ミラクルフュージョンを出しにくくしたりとか。ヒロビはまだしも、六武のスピードはこちらより圧倒的に速いので、いかに相手のスピード落としつつ、店舗握れるかがカギです。


☆その他
ライロやゼンマイ・天使の相手は、コアドラ・ヴェーラー・スキドレ・コスモス辺りを使って戦えば、かなり楽になるはずです。墓地メタ、SSメタ、効果モンスターメタの汎用性の高いのを積んでるんで、「勝負にならない」とかはないはず。


【エキストラ】

 特に解説必要そうなのはないかな。カチコチドラゴンはコアドラをエクシーズ素材にすると光闇のエクシーズ出せないんで、一度カチコチを経由した後、除外レダメとかする時に使ってます。ランク5は攻めのティラスに守りのクリムゾンシャドーって感じ。多分マエストローク来たら、ティラス抜けます。



 こんな感じです。1Killルートとか、面白い動きとか色々あったりしますが、その辺り一々解説めんどいんで、興味持った方は作ってみて、一人回ししてると色々見えてくると思います。下級打点で攻めつつ、防御薄くなった所で一気に打点を並べて殴り勝つのが理想の動きです。メタモンスターで相手のクロック遅らせて、相手の動きが鈍くなった所に強烈な一撃を叩きこむ。そんなデュエルが展開できれば、割と安定した勝ちを拾えると思います。メインから虫・ラギア・聖刻と言った有名所相手でも、それなりに有利な展開に持ち込めると思います。

 【カオスドラゴン】となっていますが、【グッドスタッフ】寄りの強みを活かして、手札にあるカードの中で、場面に合った強いカードを順番に出して戦っていくことができれば、幅広いデッキ相手に勝てる。そんなデッキに仕上がったんじゃないかなと思ってます。


この記事へのコメント

イッル
2012年03月07日 02:57
本戦全ストおめでとう御座います!
関東CSのデッキ分布を見て検索エンジンから来たのですが、
失礼ながらまさかここまで綿密に練られたデッキ解説・考察記事を見ることが出来るとは思っていませんでした。素晴らしいデッキだと思います。
コピーして回させて頂きます(笑)
今後も頑張ってください!
garyuu
2012年03月08日 14:42
激励のお言葉、ありがとうございます。これからもがんばりますb

この記事へのトラックバック