今期のサイクロンについて



 今期はサイクロン2~3必須だと思う。理由としてはやはり大嵐の影響が大きい。

 大嵐が環境に戻った事により、相手のバックは2、多くて3ぐらいがベースになると思う。大嵐自体は制限で引く可能性はそこまで高くないとはいえ、相手の大嵐を見るまではバックを大量に伏せることを警戒するのは、プレイング的に当然。と、なるとその2枚のバックの内1枚をはがせると言うのは大きな意味を持つ。

 罠環境だった前期は伏せが基本3~4だったため、サイクロンが持つ意味は薄かった。バックが4枚でも3枚でも相手に与えるプレッシャーはあまり変わらないから。だからサイクロンを入れる場合は打ち抜きたいカードを決め(弾圧など)、そのカードを見てから割ると言うプレイングが基本だった。しかし、伏せが2枚となると話は変わってくる。

 例えば手札にサイク・死者蘇生と何かモンスターが1体いるとする。この時最初にモンスターを召喚し、相手の除去を誘発させれば、その後サイクでもう1枚の伏せを割ってから死者蘇生を安全に打つ事ができる。逆に除去を打って来なければ、まず召喚したモンスターで殴り、攻撃反応罠を確認。打たれればメイン2サイクロンで伏せをはがして死者蘇生でもいいし、サイクロン伏せてエンドして様子見てもいい。この様に相手のバックが少なくなればなるほどサイクロンは強くなる。つまり、大嵐が戻ってきてバックが必然的に少なくなりやすい今期はサイクロンは非常に使いやすい。

 また、とりあえず伏せておいて安定のカードであるのでバックの水増しに使える。相手のサイクにチェーンすれば1:2交換でアドを取れるし、バックを増やす事で相手にプレッシャーを与えられる。そしていざとなれば相手のカードを打ちぬける。サイクロン無制限時、汎用性の高さが光ったが、今期でもそれは見られると思う。


 あとはリビデ準制限が大きいだろうか。貴重な除去である奈落・警告を消費せずに止められるのは美味しい。逆にサイクをメインに1枚も入れてないとなると、リビデを非常に止めにくくなる。リビデで蘇ってくるカードも強力なパワーカードになる今期はきっちり止められるカードが必要だろう。


 エンドサイクについて。何度も書いているが今期は大嵐が帰ってきたために、ピン伏せエンドが十分に考えられる。そこにチェーンを許さずエンドサイクで打ちぬけると言うのは悪くないプレイング。サイクも無制限になったので遠慮なく打てる。また、仮に打ちぬいたカードがサイクロンであんまり美味しくないとしても、逆に自分のリビデ等にサイクをチェーンされなくなったと考えればイーブン。アド損する可能性が減ったと言える。



 長々書いたけど、今期はサイクロンの使い方が勝敗を分ける場面が増えそう。こう見るとサイクロンっていうのは大嵐環境で活躍するカードなんだなぁ、と改めて感じる。



 一言:昨日のレシピにメインサイク入ってなかったけど、入れられるように調整しなきゃダメだな……。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック