ドラゴンパーミ~2011年9月環境~





 制限改定が出たので、ドラゴンパーミを改造。改定に伴う意見やコメント云々は他に多くの方がやってくれているので、割愛。

 個人的な感想としては、流石KONAMIだなぁ、と。個人的に罠ゲーすぎるのは好きじゃなかったけど、いくらなんでも大味すぎじゃね?って感じ。どんだけぶっぱ脳だよ、と。それと六部衆が致命的なダメージ受けてないのに大嵐戻したらクソゲー感あるだろと。あとは開闢戻したのが謎すぎるけど、原初の種を制限に指定してる辺り何も考えてない訳じゃないらしいのが少し笑える。本当にどこに着地するつもりなんだろうなぁ……。



ドラゴンパーミ


上級7

青眼の白龍×3
カオスソルジャー‐開闢の使者
レッドアイズ・ダークネスメタル・ドラゴン×3


下級10

仮面竜
伝説の白石
ボマードラゴン
デルタ・フライ
真紅眼の飛竜×2
ミンゲイドラゴン×2
コアキメイルドラゴ×2


魔法10

大嵐
月の書
死者蘇生
ブラック・ホール
異次元からの埋葬
トレード・イン×2
強欲で謙虚な壺×2
未来融合‐フューチャーフュージョン


罠13

激流葬
神の宣告
神の警告×2
昇天の黒角笛
王者の看破×3
奈落の落とし穴×2
スターライトロード
リビングデッドの呼び声×2


エキストラ15

F・G・D
A・O・J カタストル
氷結界の龍 ブリューナク
ブラックローズ・ドラゴン
エクスプロード・ウィングドラゴン
スターダスト・ドラゴン×2
スクラップ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
カチコチガンテツ
ダイガスタ・フェニクス
虚空海竜 リヴァイエール
カチコチドラゴン
No.39 希望皇ホープ
サンダーエンド・ドラゴン


サイド15

コアキメイルドラゴ
タイラント・ドラゴン
サイファースカウター×2
抹殺の使徒
サイクロン×3
連鎖除外
次元幽閉×2
トラップスタン
スターライトロード
超古代生物の墓場×2



●総評

 様々な意見はあるだろうけど、ドラゴン的には今回の制限改定は結構追い風。理由として、

・『大嵐復帰・サイクロン無制限・弾圧禁止・リビデ準制限』→罠ゲーから火力ゲーへ。→火力の高いドラゴンは戦いやすく。
・『天使無傷・開闢復帰・IFバリアー到来』→光・闇多用デッキの台頭が予想される。→コアキメイルドラゴの有用性アップ。

この2点。特に自分は打点3000を簡単に用意でき、なおかつ相手の特殊召喚はコアドラで潰せるのはでかい。弾圧が禁止になり、永続系の特殊召喚封じが無くなった中、メタとして機能するのはジョウゲン・パキケ・コアドラ・虚無魔人ぐらい。

 ジョウゲン・パキケは火力が低すぎ、虚無はリリースが必要。コアドラはドラゴン族でしか使えない上に光闇の特殊召喚しか防げないが、レダメにより簡単に呼べる事と、火力の高さと召喚のしやすさが利点。また、今の環境上光闇さえ封じられれば十分なので、比較的使いやすい部類だと思う。
 クロソ虚無が一番使いやすいのかもしれないけど、奈落・警告で落とされた後墓地から呼べない点を考えると少し苦しい。
 パキケはサイク・大嵐戻ってきた中で、守りきるのは相当難しいと思う。ただ、リバースで全破壊できるのは美味しいかな。ジョウゲンは、、、里型でワンチャン、ある……のか……?



 制限改定直後に回した所、コアドラ出して維持できれば負けない感じ。ただし打点1900でも維持はかなり難しい。なのでコアドラ一本で勝とうとしても厳しいと感じ、青眼軸にしました。

 青眼は打点3000で特殊召喚しやすいのがポイント。開闢・裁きと相打ちに持ち込め、サポートカードも豊富。未来融合から白石落としてハンド減らさない戦術や、トレードインで手札入れ替えた後、安定して呼べる3000を墓地に置いておけると言うのもでかい。何よりも属性が光のため、レダメの闇と合わせて開闢を無理なく入れられる点が最大のメリット。開闢と言うチートカードが戻ってきた以上、こいつを無理なくデッキに入れられるかどうかは一つの大きなポイント。この点を考えると、数多くいるドラゴン上級の中でもシンプルなレダメ+青眼に固まりました。副産物として、王者の看破を3積みできるようになったのも大きい。これだけ青眼を呼びやすくなった環境で、実質神宣4枚体制で挑めるのは心強いと言える。

 魔法枠は潤滑剤。強謙・トレインで手札揃えつつ、嵐ぶっぱしてアドを取るのが理想。未来融合は飛竜・レダメ・ミンゲイ落とすだけじゃなく、白石でハンド稼いだり、開闢のための墓地調整したりと役割が増した。ただしサイクロン無制限で発動厳しくなったのは逆風。上手く相手のサイクを避けながら打つ必要はある。玄米は弾圧の禁止の影響で、ミンゲイ戻すほかに飛竜・レダメ戻して効果の再発動狙えたり、開闢の餌戻しに使える。終盤除去が少なくなった段階での飛竜→レダメはマジで強いと思う。


 罠枠はカウンター罠多め。盗七要らなくなったんで、ライフコストを警告に回せるように。奈落・警告に加え、ノーコストで打てる黒角笛を採用。シンクロ・エクシーズ・ダムドの他に開闢が視野に入るようになった。またライロ相手の時はソーサラーや裁きも潰せる。やはりノーコストはでかい。その他看破3で相手のカードを潰していくので、攻めの姿勢を維持しやすくなった。ぶっぱされてからの切り返しが多少弱くなった感じはあるけど、比較的相手のカードを止めやすいデッキだし、ぶっぱされた時は1killされる時になりそうなので、メインでは切り返しはあまり考えない事にしました。開闢と言う最強の切り返しもあるしね。


 サイドは超古代生物の墓場を採用。☆6以上の特殊召喚が多用されると思うので、後打ちでも止められるこいつは強いと思います。相変わらずサイクロンは怖いですが……。タイラントとかは一応入れてあるけど、恐らく抜けると思います。問題は、BFとか伏せを多用するデッキがどうでるか。スタロ2~3積みでカバ伏せとかが一番やり辛い気もしますが、そこはサイク3大嵐トラスタでごり押せるのかな……。幸いBF相手にはスタロがささるので、スタロ積めばいいかと。

 天使やライロ、IF対策は特にはしてません。コアドラもう1枚増やして、維持することに集中すれば勝てると思います。コアドラに対する解答が召喚時の奈落・激流・警告を除くとブラホと月の書・ミラフォの3枚しかないので。逆を言うと六部の方が辛いので、サイファー入れてしっかり殴り勝とうと思います。



 総じてガバ伏せ罠環境が終わりを告げ、パワーカードで押し切り、攻撃力を壁とする様な環境になるだろうと思われます。その中でドラゴンと言うのはコアドラによるメタと、レダメ+青眼による高火力の高速展開を狙える点が強みかなと。今期は本気でワンチャンあると思っています。まだメインもサイドも暫定で、特にサイドは全く決まってない感じですが、メインに関しては大枠はしばらくこれで様子見ようかと思います。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック