ドラゴンパーミ 2011年3月環境

新環境に対応させたドラゴンパーミです。




ドラゴンパーミ


上級9
光と闇の竜×2
冥王竜ヴァンダルギオン×3
ダークアームドドラゴン
レッドアイズダークネスメタルドラゴン×3


下級9
仮面竜×2
デルタフライ
ボマードラゴン
真紅眼の飛竜×2
ミンゲイドラゴン×2
アックスドラゴニュート



魔法11
月の書
死者蘇生
ハリケーン
サイクロン×2
ブラックホール
禁じられた聖杯
異次元からの埋葬
強欲で謙虚な壺×2
未来融合‐フューチャーフュージョン



罠11
激流葬
天罰×2
神の宣告
盗賊の七つ道具×2
リビングデッドの呼び声
魔のデッキ破壊ウイルス
闇のデッキ破壊ウイルス×2
聖なるバリア‐ミラーフォース


計40枚



サイド15
コアキメイルドラゴ×2
サイファースカウター×2
システム・ダウン×2
天罰
次元幽閉×2
邪神の大災害
盗賊の七つ道具
奈落の落とし穴×2
スターライトロード
魔のデッキ破壊ウイルス








エキストラ15
F・G・D
氷結界の龍‐ブリューナク
ブラックローズドラゴン×2
エクスプロードウィングドラゴン
エンシェントフェアリードラゴン
スクラップドラゴン
ダークエンドドラゴン
スターダストドラゴン×3
ギガンテックファイター
レッドデーモンズドラゴン
氷結界の龍‐トリシューラ
トライデントドラギオン





●総評:
ミンゲイドラゴンを搭載したドラゴン単デッキ。展開力と火力に任せたビートダウンデッキっぽいが、その実はウイルスカードによるクラック&ピーピング、カウンター罠によるパーミッション、ライダーによる制圧の3つを主軸としたコントロールデッキである。闇デッキでの罠宣言が通れば、多くのデッキが壊滅し、高い打点と展開力で押し切れる。現在流行している多くのデッキに対抗できるポテンシャルを秘めたデッキだと思う。




●モンスター
上級モンスターは9体と多いが、実質リリース1体で特殊召喚できるレダメに神出鬼没なヴァンダルギオンがメインなのでそこまで重くは感じない。ドラゴニュートは魔デッキを打ちやすくしつつ、ライオウ・アナザーネオス・シュラ等を殴り潰せる。チューナーは1体で、レベル調整ができ、主に☆6~8のシンクロに対応できるデルタフライ。ボマードラゴンは貴重な除去。仮面の自殺特攻から除去できたり、レダメで蘇生したりと繰り返し使える。戦闘ダメージを受けないのが地味に強い。

ミンゲイドラゴンは仮面で呼んだ時に1回、スタンバイに蘇生してもう1回と最大2回使える。黄泉ガエル効果持ちなので気軽に使え、しかも2体リリースになると言うデッキの円滑剤。除外はされてしまうものの、事故を大幅に軽減できる。


●魔法
強謙によってカウンター罠・ウイルス・モンスター・必須魔法等を状況に応じて加えて行く。未来融合は警告が準制限になった影響もあり、ぶっぱ気味でも割と通ったりする。ただ決まればアドバンテージが一瞬で取れるので、できるだけ安全に通したい。月の書・聖杯は対シンクロ用。聖杯は自分のモンスターに使って、ATK3000級の相手を倒したり、効果を数回使った後のライダーに使ってATKを戻したりと色々使える。ドラゴンの火力なら相手の400アップはさほど気にならない。

玄米は使用後のミンゲイ・飛竜を戻したり、ダムドの弾や除外されたモンスターを戻したり。基本的にはミンゲイ・飛竜戻しで間違いない。スタンバイに発動してミンゲイを戻し、そのまま蘇生と言う芸当も可能。


●罠
3月末で優先権を行使して起動効果が使えなくなるため、レダメに奈落を打たれる場面が増えると思う。そこで、対策としてウイルスを搭載した。感覚としてはBFのGBAに近く、相手の除去に合わせて打つ。ただしリリースに要求されるラインは割と高めなため、事故になる場面もしばしばあるだろう。理想はレダメからヴァンダルを展開し、ヴァンダルをコストに打つ事。返しのターンで再びヴァンダルを蘇生させられるので、実質ノーコストで打てる。魔法か罠かはデッキによって異なるが、罠環境な現在は、基本的に罠と宣言しておいて間違いないだろう。

魔デッキは刺さるデッキと刺さらないデッキが明確なため、ピン刺し。打てれば一応シンクロはほぼ止まる。

カウンター罠は5枚。神宣・盗七2・天罰2.天罰は相手のモンスター効果への対策と言うよりは、ヴァンダルギオンの展開補助に近い。逆に盗七はきっちり見極めて打つ必要がある。警告は見送り。事故が起きやすく、直接攻撃を受ける場面が多いため、ライフ管理がシビアなドラゴンでは使いにくい。自信があるなら、1枚ぐらいは採用しても大丈夫だとは思う。

帰還とミラフォは悩みどころ。ワンチャンで逆転できる帰還と、全体除去のミラフォ。安心を取るか一打逆転を取るかは完全に好み。個人的にも一番迷ってる部分。ただし帰還は序盤に来ると事故要因になってしまうため、そこは注意。




●プレイング
先攻でウイルスが手札にあれば、初ターンでもレダメ→ヴァンダルと展開する価値はある。相手がモンセット、3~4伏せエンドした時にエンド闇デッキで罠宣言すればゲームエンドとなる。

後攻や強謙でウイルスを引っ張ってきた場合は、仮面やミンゲイを裏で置き、相手の除去に重ねて打つ感じになるだろう。相手にとっても闇デッキはマストカウンターなので、盗七・神宣・スタン等が飛んでくるだろうが、こっちもレダメやヴァンダル等の強力モンスターをリリースしてるので、可能な限り盗七等をチェーンして通したい。今の環境で、闇デッキ罠が通ればほぼ勝ちゲーと言っても過言ではない。

ウイルスを打った後は、そのままレダメの展開力に任せて殴り潰すもよし、相手のハンド次第では、自分の墓地を見つつライダーを展開し、さらなるフィールド制圧を狙っても良い。ウイルスは例え除去できなくてもピーピングはできるため、相手の除去に合わせて打っていけばアド損になる事はほとんどないです。

シンクロはほとんどする機会が無いけど、状況に応じて☆7~8を使い分ける感じ。

☆3+デルタならブリュか☆7.☆7シンクロの筆頭はエクスプロードウィングドラゴン。苦手な死霊等を突破でき、ダメージを与えられる上、闇属性で魔デッキ対応。基本的に☆7はこいつを出しておく方向で問題ない。黒バラぶっぱは、こっちも結構カード伏せてる場面が多く、シンクロする場合は大抵レダメからの展開というパターンなので、自分がアド損する事が多い。なので、状況に応じてやる必要がある。ぶっぱした後、展開が難しいならあまりやらない方が良い。事故が多いデッキの上、ただでさえライダーで自分の場が吹き飛ぶ場面が多いので、失敗すると首を絞めることになる。エンシェントフェアリーはドラグニティや墓守と当たった時、壁にしながら、地味にフィールド魔法割りつつライフを回復できたり。

☆4+デルタなら☆8でいい。基本は除去対策のスターダストで、後はフィールドに応じて除去のスクラップ、魔デッキ闇デッキ対応のレモン、戦闘破壊耐性のギガンテック、アックスとのシンクロ限定だが優秀なモンスター除去のダークエンド等を使い分けて行く。

トリシューラはミンゲイ+☆3or4+デルタ。滅多に出せないし、積極的に狙えるようなデッキでも無いので、余裕があればでいい。

トライデントは☆7シンクロとデルタで出せ、ウイルスで罠が壊滅してる時に出せれば1killも可能。できる限りアド損はしないように出したい。



●サイド

モンスターの入れ替え枠は2.サイファーとドラゴのどちらか2枚を選んで入れるのが基本となる。入れ替え先はライダー1とアックス1.あるいはライダー1とヴァンダル1.ライダーは刺さるデッキと刺さらないデッキが明確なので、2枚とも抜くのもアリだろう。

対六部衆とヒーロービート用にサイファースカウター2枚を搭載。ミンゲイとアンチシナジーと思われがちだが、特に六部衆相手では、スタンバイミンゲイ蘇生のメリットを捨ててでも搭載する価値がある。ヒーロービートでは主にシャイニング等を狙う事になるだろう。ライオウやバルバ等、戦士以外も結構多く、スキドレの可能性もあるので、状況に応じて搭載する。

コアキメイルドラゴは対墓地BFやライトロード。ソーサラーをメインに据えたカオスビートや、ライブラリアン軸のデブダン等にも刺さる。ただ、デブダンには魔デッキの方が強い。


魔法枠はシステムダウン。今後増えるであろうカラクリ軸のフォートレスや、ガジェット対策に。「破壊」の文言が含まれない墓地まで含めた全除外。機械と当たったら容赦なくぶっぱしてやると良い。この場合、抜くのは魔デッキ・聖杯か魔デッキ・闇デッキ1でいいだろう。

罠枠は先攻の奈落・後攻の幽閉をメインに考えて行く。場合によっては両方搭載でもいい。入れ替えカードは天罰2、魔デッキ1、聖杯1.天罰刺さらないタイプのデッキには奈落・幽閉フル投入の方が強い。

天罰はパーデクや六部衆に。シエン効果にチェーン天罰打てる計算ができる分、精神的に楽になれる。しかもその後にヴァンダルが展開できたりするので、かなり美味しい。

スタロは、BFのGBA、剣闘獣のガイザレスに。ここもやはり魔デッキと入れ替えになる。

2枚目の魔デッキはデブダンやガジェ等の低攻撃力デッキに。先攻なら墓守相手にも刺さる。

盗七・邪神は相手のサイチェン読み。基本的にドラゴンに対して、魔法・罠のサイチェンでメタってくることはまずない。ウイルス等を見せている影響もあり、増えるのは盗七等の罠無効系だろう。そこで、マストカウンターを増やす意味での大災害と、そのマストカウンターを通す確率を上げるための3枚目の盗七である。入れ替え先は魔デッキ1と聖杯or闇デッキ1.





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック