罪の谷の戦士


今日はデッキレシピを。スタロとか高いし、Zeroやシャイニング持ってないんで、脳内構想のみ。回してないんで何とも言えませんが、割かし戦いやすいんじゃないかなーと。



モンスター20枚

Sinスターダストドラゴン×3
ガーディアン・エアトス×2
究極封印神 エグゾディオス
冥府の使者ゴーズ
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザーネオス×3
E・HERO ボルテック
墓守の暗殺者
墓守の偵察者×3
深海のディーヴァ×3
マイン・フィールド


魔法16枚

大嵐
サイクロン
ハリケーン
次元の裂け目×3
デュアル・スパーク
王家の眠る谷‐ネクロバレー×3
月の書×2
禁じられた聖杯×2
平行世界融合×2


罠6枚

激流葬
神の宣告
無力の証明×2
スターライト・ロード
聖なるバリア‐ミラーフォース

計42枚


サイド15

D・D・M×2
ダークヴァルキリア×2
神獣王バルバロス×2
光天使クリスティア×3
神の居城‐ヴァルハラ×2
わが身を盾に
デュアル・スパーク
スキルドレイン×2


エキストラ15枚

ゴヨウ・ガーディアン
氷結界の龍‐ブリューナク
ブラックローズ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン×3
E・HERO アブソルートZERO×2
E・HERO Great TORNADO×2
E・HERO The シャイニング
ダークエンド・ドラゴン
ギガンテック・ファイター
レッドデーモンズドラゴン
氷結界の龍‐トリシューラ



●総評
今流行(?)のSinスタダ+ネクロバレー+裂け目デッキ。スタダがもったいないんで、平行世界融合足してみました。サイドチェンジでデュアル風味のスキドレ次元エアトスになります。


●モンスター

Sinスタダと火力補強のエアトスが軸。ディオスはエアトス入れるなら1~2枚差すと安定します。リリース要員+ネクロバレーの強化による準アタッカーとしての偵察者。破壊効果持ちの末裔をピン差ししてあります。

後は融合用のHERO.安定のエアーマンとアナザーネオス×3.下級のメインアタッカーです。このデッキは除外されても困らないんで、奈落・幽閉を恐れなくていいのがポイント。むしろ除外されないと困ると言った感じ。

余裕があったらディーヴァから6を経由してスタダを出しておきたいです。

何となくマイン・フィールドピン差ししてありますが、無くてもいいかも。


●魔法

ネクロバレー×3と裂け目×3は必須。ネクロバレー引かない人はテラフォも可。私は手札で魔法が腐るのが嫌いなんで、入れませんが。
このデッキのキーとなるのが平行世界融合。除外されたスタダを戻しつつ、TORNADOを展開していくのがポイント。他にもディーヴァやブリュを戻しつつZero出してみたり、アナザーネオスとシャイニング出してみたりと芸達者。ガイア入れてもいいですが、対象がゴヨウしかいないんで見送り。エキストラデッキはかっつかつです。

聖杯はSinスタダに打って、他の奴も殴れるようにしてみたり、サイドのバルバと組ませてみたりできます。あって損なカードじゃないですし、便利です。

後はデュアルスパークをピンで。2でもいいんですがデュアルが3しかいないんで、1がちょうどいいんじゃないかと。一応サイドにもう1あるんで、お好みで入れ替えてください。


●罠

ディオス・エアトス・Sinスタダと上級モンスターが並びやすいので、無力の証明を搭載。インフェルニティやカエルなど、下級を大量に並べてくる相手に有効です。他はスタロをピンで。このデッキはフィールド魔法+永続魔法+Sinスタダと黒薔薇ぶっぱに弱いですし、大嵐も痛いんで1枚ぐらい入れておくと精神的に楽です。

後はテンプレ通りの必須罠軍。


●サイド

サイドチェンジはデュアル式のスキドレ次元エアトス。バルバとエアトスをベースに殴り合う。墓守軍団と取り換えで。

後は特殊召喚封じのクリスティアを。これはSinスタダと組んで特殊召喚メタ。まあ弾圧の代わりみたいなもんです。この場合はHERO部分と入れ替えになります。

DDMは手札で腐った魔法を処理しつつ、除外された戦力を戻せる有用なモンスター。状況を見極めれば戦局を一気に有利に持っていけるはずです。




なかなか楽しそうなデッキにはなったんですが、いかんせん私が作るにはパーツが足りないですorz Sinスタダ使うとどうしても除外ゾーンでスタダが腐るので、裂け目+バレーでSinスタダ使うなら、平行世界融合使うのがお勧めです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック