ポケモン基礎知識(超長文注意)



 Edyさんに個体値・努力値等について聞かれたので、自分なりに説明してみようかな、と。


 種族値・個体値・努力値とはポケモンのステータスに関係する数値の事です。ステータスには計算式があり、

HP→{(種族値×2+個体値+努力値/4)×Lv/100}+10+Lv

HP以外(攻撃、防御、特攻、特防、素早さ )
→[{(種族値×2+個体値+努力値/4)×Lv/100}+5]×性格補正(1.1、1.0、0.9)

※小数点以下は随時切り捨て

と、なる。なお一般的にステータスを考える際に個体値が不明の場合、個体値はV(31)として考えて計算するのが普通である。


①個体値

 個体値とはポケモン1匹1匹それぞれ違ったランダム数である。HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ、ぞれぞれにあり、0~31の数値の間で決定される。上記のステータス計算式を見てわかるとおり、個体値が高ければ高いほど、最終的に高ステータスになる。最高の値である「31」は通称「V」呼ばれ、次点で「30」の値を「U」と呼ぶ。「素早さV」とかは「素早さの個体値が31」である事を指す。また、「3V」などはHP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの内、3つの個体値が「31」である事を指す。

 ここで厄介なのは、個体値はランダム数値である、ということである。解りにくいかもしれないが、「自分の持ってるピカチュウと相手が持っているピカチュウ、同じレベルで全く同じ様に努力値を振っているのに、ステータスが違う」という場合は、この個体値が違う事になる(努力値については②努力値を参照)。個体値はポケモン1匹1匹異なっており、全く同じ個体値のポケモンはほぼ存在しないと言っていい(例外は6V)。

 努力値が捕まえた後で自由に振る事ができるのに対し、個体値は自分で決定できず、捕獲時または育て屋の爺さんからタマゴを受け取った瞬間に、完全にランダムで決定される。いかに高個体値のポケモンを手に入れるかが、より強いポケモンを育成するかのカギになる。

 高個体値ポケモンを狙う場合、野生のポケモンを直接捕まえて、と言う事はほぼ不可能である。伝説ポケモンとかは仕方ないし、それはそれ専用のやり方があるが、割愛する。ここでは、一般的なポケモンの高個体値の出し方について論ずる。

 高個体値ポケモンは育て屋に預けて作るのが一般的である。ここでは育て屋に預ける際のルールがあり、それに基づく。


・育て屋の基本ルール

ⅰ)預けた♀の方のポケモン、あるいはメタモンと預けた場合は、メタモン以外のポケモンが生まれる。
ⅱ)同じタマゴグループであれば、異なるポケモン同士でもタマゴを産ませる事が出来る。ⅰ)に従い、♀側のポケモンが生まれる。


・育て屋の特殊なルール

ⅰ)♂か♀、あるいはメタモンに「かわらずのいし」を持たせると、持たせたポケモンの性格が50%の確率で遺伝される。
ⅱ)♂が『「孵化後のポケモン」が覚える事の出来る、「技マシン技」あるいは「ポケモンによって異なる『タマゴ技』』を覚えている場合、その技が遺伝される。
ⅲ)♂♀両方が『「孵化後のポケモン」が「Lvアップによって覚える事が出来る技」』を覚えている場合、その技が遺伝される。
ⅳ)♂♀の個体値がランダムに3つ「孵化後のポケモン」に遺伝される。
ⅴ)個体値の部位はランダムであるが、バトルフロンティア等で手に入れられる「パワー○○」系等の道具を持たせた場合、「育ちやすい」場所の個体値が100%遺伝される。ただし、両方の親に持たせた場合は例外であり、♂側が優先される。
ⅵ)タマゴの性格・性別・特性は育て屋の爺さんから「タマゴを持っていた」旨の連絡を受けた際、厳密にはタマゴができた瞬間に決定される。
ⅶ)タマゴの個体値は、育て屋の爺さんからタマゴを受け取った瞬間に決定される。

※「タマゴ技」については、ポケモンの種類によって異なるので、ポケモンwikiなどで該当ポケモンのページで調べるしかありません。


ここではこのⅳ)とⅴ)を使用し、個体値にVがあるポケモン(普通はメタモン)に「パワー○○」系統の道具を持たせた上で育て屋に預け、Vがあるポケモンを育成するのが基本である。詳しくは先日「高個体値ポケモンに作り方」という記事を作成したので、それを見てもらいたい。

 なお一般的に「高個体値ポケモン」とは人の感覚によって差異はあるが、Vが3つ以上ある場合は「高個体値ポケモン」と言ってもいいだろう。個人的には個体値は3つまでは、ランダムではあるものの遺伝されるので、Vが4以上ある場合が「高個体値ポケモン」ではないかと考えている。

 個体値は隠された数字であり、ステータスを見ても出ていない。そこで、個体値を確かめるには特別な手段を用いなければならない。


・個体値を確かめる方法

ⅰ)バトルフロンティアにいる「ジャッジさん」にジャッジしてもらう。なおHG・SSの場合は、バトルタワー内右上に設置されているパソコンのすぐ傍にいる、メガネをかけた少年である。

※ジャッジさんのジャッジの見方

「なるほどなるほど。このポケモンは○○のうりょくをもっている」

→この場合の○○は全体の個体値の合計によって台詞が決定されます。

全体の固体値の合計
すばらしいのうりょく        151以上
そうとうゆうしゅうなのうりょく   121~150
へいきんいじょうののうりょく    91~120
まずまずののうりょく        90以下

個体値の最高は1つのステータスで31ですから、最高は31×6で186ということになります。


「いちばんいいかんじなのは○○(HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ)でしょうか」「○○なちからをもっている。そんなふうにジャッジできました」

→この場合の○○は、一番高い個体値の数値をおおまかに示してくれます。

一番高い固体値の値
さいこうのちから  31
すばらしいちから  26~30
かなりのちから   16~25
まあまあのちから  0~15


つまり、ジャッジさんに「さいこうのちからをもっている」とジャッジされたら、その場所の個体値は31、即ちVであると言えます。


ⅱ)ステータスから逆算する。

ステータス計算式は1番最初に示しましたので、振った努力値の数値さえ覚えていれば、ステータスから個体値は逆算できます。自分で計算してもいいですし、インターネット上でツールを使ってもいいでしょう。ツールを1つ紹介しておきます。

ポケモンの館様↓
http://pokem.client.jp/check.htm

基本はLv50まで育てて、逆算するのが基本となります。あるいは友達に協力を仰いで、通信バトルのLv100戦を選び、そのステータスで個体値を見るのもいいでしょう。単純にVの有無だけを知りたいのであれば、ⅰ)の方法のみで構いません。ポケモン対戦考察まとめwiki様では、ポケモン1匹1匹の項目ごとに「UV簡易判別表」があるので、それを見るのもいいでしょう。

例)
Lv.16 アーボ([ ]内はドーピング回数)
HP 44 [ 5 ]
攻撃 31(-で27/+で34) [ 5 ]
防御 24(-で21/+で26) [ 0 ]
特攻 23(-で20/+で25) [ 1 ]
特防 28(-で25/+で30) [ 2 ]
素早 31(-で27/+で34) [ 9 ]

上記の数値ならV確定。
※ドーピングとは「タウリン」などの基礎ポイントを上げる道具を指します。詳しくは②努力値を参照。
※-は-補正の性格の場合、+は+補正の性格の場合の時の数値を指します。詳しくは④その他を参照。


ポケモン対戦考察wiki様↓
http://www18.atwiki.jp/dppokekousatsu/

※なお、ポケモン対戦考察wiki様は「お互いに手持ち6匹を見せ合って、その中から3匹を選んで3vs3で戦う」という通称「見せ合い6→3バトル」を基本に考察されています。

 以上が個体値についてになります。


 
②努力値

 努力値とは経験値の一種です。RPGなどではLvアップの他に、「ちから」や「ぼうぎょ」などの項目ごとにステータスを振り分ける事が出来るゲームがあったります。それに近いと言えるでしょう。ポケモンには種類ごとに「倒したら努力値がいくつ入る」と言うのが決まっています。これを参考にして、振り分けたい場所のステータスに経験値をくれるポケモンを倒し、努力値を稼ぐと言うのが基本となります。詳しくは、ポケモンwiki様の「獲得努力値一覧」を参照。

ポケモンwiki様(獲得努力値一覧)↓
http://wiki.ポケモン.com/wiki/%E7%8D%B2%E5%BE%97%E5%8A%AA%E5%8A%9B%E5%80%A4

 「経験値」がLvを上げ、ステータス(HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ)を総合的に上げるためのものだとしたら、「努力値」は特定のステータスを集中的に強化させるものです。努力値は全てのステータスを合わせて510まで振る事が出来ます。また、1つのステータスに尽き、最大値は255までとなります。

 ここでお気づきの方もいるかもしれませんが、「全てのステータスに255ずつ振って、最高まで育てる」という事は不可能です。255ずつ振った場合、最高まで上げられるのは2つまでということになります。
 しかし、一番最初のステータス計算式で示した通り、努力値は「振った数値÷4」の値で計算されます。つまり、255を振っても余りが出てしまう事になります。なので、最も効率的なのは4で割り切れる最高値、すなわち252を振るのが最適と言う訳です。俗に言う「252振り」「極振り」「全振り」という奴です。「252振り」をステータス2つについて行うと、510-252×2=6となり、数値が6余ります。なので、この6をどこか別のステータスに回す事が出来るわけです。これが通称「6振り」あるいは「4振り」とも呼ばれます。まあどの様にやっても2は余るわけですが。

 努力値は必ずしも「極振り」すれば良いという訳でも無いです。欲しいステータスの値から必要な努力値を逆算し、必要なだけ努力値を振ることで、余った分を別のステータスに回す事もできます。よく「○○(ポケモン名)確定○発調整」だとか「○○族抜き調整」とか言われるのはこのことです。ただ最初の内は難しいので、「極振り」から入るのをお勧めします。


 さて、ではどうやって努力値を振るのかを説明しましょう。努力値は先ほどの「獲得努力値一覧」を参考に、該当ポケモンを倒す事によって入ります。これは「戦闘にかかわったすべてのポケモン」に同じ数字だけ振られます。これには「がくしゅそうちを持たせただけで、戦闘には参加していないポケモン」等も含みます。


例)コイキング(素早さ努力値+1)を倒した場合。

ⅰ)ゼニガメのみで倒した→ゼニガメの素早さ努力値+1
ⅱ)ゼニガメとフシギダネで倒した→ゼニガメとフシギダネの素早さ努力値+1
ⅲ)ゼニガメに「がくしゅそうち」を持たせ、フシギダネのみで倒した→ゼニガメとフシギダネの素早さ努力値+1

の様になります。この作業を繰り返すことで地道に努力値を貯めていくわけです。

 しかし、これでは面倒です。なので通常は以下のやり方で努力値を貯めていきます。


・努力値の貯め方


ⅰ)ドーピングをする。

「マックスアップ(HP)」・「タウリン(攻撃)」・「ブロムヘキシン(防御)」・「リゾチウム(特攻)」・「キトサン(特防)」・「インドメタシン(素早さ)」を使う事で、()内のステータスについて、努力値を+10できます。正確には「10の倍数にする」です。例えば、努力値が0の時は素直に+10ですが、前述の例のようにコイキングを1匹だけ倒した状態、即ち「素早さ努力値+1」の状態でインドメタシンを使うと、「10の倍数」となり、「素早さ努力値+10」の状態になります。

 このドーピングを使うと、最大100まで努力値を上げる事が出来ます。「極振り」の場合、残り252-100となり、152は自力で振る事になります。


ⅱ)道具を使う。

努力値が+1ずつとかなると、気が遠くなるような作業です。なので獲得する努力値を増やす道具を使います。

きょうせいギブス 戦闘時素早さが半分になるが、得られる努力値が2倍になる(ポケルスに感染後は4倍)
パワーウエイト  戦闘時すばやさが半分になるが、得られる『HP努力値』が+4される(ポケルスに感染後は+4した後に2倍)
パワーリスト   戦闘時すばやさが半分になるが、得られる『こうげき努力値』が+4される(ポケルスに感染後は+4した後に2倍)
パワーベルト   戦闘時すばやさが半分になるが、得られる『ぼうぎょ努力値』が+4される(ポケルスに感染後は+4した後に2倍)
パワーレンズ   戦闘時すばやさが半分になるが、得られる『とくこう努力値』が+4される(ポケルスに感染後は+4した後に2倍)
パワーバンド   戦闘時すばやさが半分になるが、得られる『とくぼう努力値』が+4される(ポケルスに感染後は+4した後に2倍)
パワーアンクル  戦闘時すばやさが半分になるが、得られる『すばやさ努力値』が+4される(ポケルスに感染後は+4した後に2倍)

※ポケルスについては後述。

これらを用いて努力値を増やすわけです。

・増やす道具を用いた場合の計算方法。

例)コイキング(素早さ努力値+1)を倒した場合

ⅰ)きょうせいギブス →「素早さ努力値+1」×2→素早さ努力値+2
ⅱ)パワーアンクル  →「素早さ努力値+1」+4→素早さ努力値+5
ⅲ)パワーアンクル以外→「素早さ努力値+1」・「該当するステータスの努力値+4」→素早さ努力値+1・該当するステータスの努力値+4

と、なります。普通は先ほどの「獲得努力値一覧」を参考に狩るポケモンを選び、上げたいステータスが上がるアイテムを持たせた上で狩ることで、効率的に努力値を貯めるわけです。


ⅲ)ポケルスを利用する。

ポケルスとは戦闘後、一定の確率で発生するボーナスの様なものです。感染すると獲得努力値が×2されます。

感染の仕方や移し方等は、めんどうなので、以下を参照してください↓
http://wiki.ポケモン.com/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%B9

ポケルスに感染すると、獲得努力値が×2されます。これは「全ての計算が終わった上で×2」されます。即ち先ほどの例にポケルスを加えると、

例)コイキング(素早さ努力値+1)を「増やす道具」+「ポケルスの状態」で倒した場合

ⅰ)きょうせいギブス →「素早さ努力値+1」×2、ポケルスで×2→素早さ努力値+4
ⅱ)パワーアンクル  →(「素早さ努力値+1」+4)×2→素早さ努力値+10
ⅲ)パワーアンクル以外→「素早さ努力値+1」×2・「該当するステータスの努力値+4」×2→素早さ努力値+3・該当するステータスの努力値+8

と、なるわけです。

 ポケルスは自然発生は結構めんどうなので、友人にポケルス感染のポケモンをもらって感染させるのが1番楽です。ポケルスがなくても、ⅰ)とⅱ)で十分たまります。なお、努力値も直接見る事ができない数値なので、どれくらい貯めたのかは自分で計算する必要があります。「いくつ貯めたか解らなくなっちゃった」と言う事が起きないように注意。ノートにメモしたり、電卓を用いたりして忘れないようにしましょう。

 さて。努力値を振ったはいいが無駄がある気がする。努力値をリセットして振り直したい。という場合もあります。ここでは努力値の下げ方を。


・努力値の下げ方

 これには特定のきのみを使います。
ザロクの実  HPの努力値-10 (110以上だった場合1つで100まで下がる)
ネコブの実  攻撃の努力値-10(110以上だった場合1つで100まで下がる)
タポルの実  防御の努力値-10 (110以上だった場合1つで100まで下がる)
ロメの実   特攻の努力値-10 (110以上だった場合1つで100まで下がる)
ウブの実   特防の努力値-10 (110以上だった場合1つで100まで下がる)
マトマの実  素早の努力値-10(110以上だった場合1つで100まで下がる)

これらのきのみを使って、努力値を下げ、新たに振り直す事になります。全振りした場合でも11個使えば努力値を0まで戻せます。ただし、10の倍数ずつしか減らせない上に、110以上ある場合は強制的に100まで減るので、細かく減らす事はできません。注意しましょう。


 以上が努力値についてと努力値の振り方についてです。



③種族値

 種族値とは遊戯王で言う「攻撃力」や「守備力」に当たります。ポケモンの種類毎に種族値が定められており、これがステータス計算の基礎となります。

例)アーボックの種族値

HP 60
攻撃 85
防御 69
特攻 65
特防 79
素早 80

合計:438

 この種族値が高いポケモンほど強い、と言うのが一般的です。なお、平均値は大体80ぐらいです。 この合計値が600という数字になるポケモンもいます。伝説系を除くと、カイリュー・バンギラス・ボーマンダ・ガブリアス・メタグロスなどの「疑似伝説」ポケモンがこれに当たり、通称「600族」と言われます。

 一般的には種族値の合計が400後半~500台のポケモンが多くつかわれます。

 「○○族」についてですが、「600族」を除けば、普通は素早さ種族値を指します。ポケモンは素早さによって先に行動出来たり、遅さを逆手に取ったりと「速さ」はかなり重要なポイントです。特に80~110は激戦区なので、なるべく素早さは高くしておきたいです。
 この素早さを指し、「無振り80族抜き」や「最速100族抜き」などという言葉が使われます。無振りとは努力値を全く振っていないステータスのこと。「最速」とは努力値を「極振り」×性格補正のことを指します(性格については④その他を参照)。これらのステータスより数字が高ければ、そのポケモンより早く動けるわけですから、「無振り80族抜き調整」などで努力値を調整したりします。
 ポケモンによっては「努力値を全振りしても最速80族までしか抜けない」と言ったポケモンもいます。そういった場合、努力値を全部振るよりは、最速80族を抜けるように調整して、残りを別のステータスに回した方が効率的、と言うわけです。最も全振りする場合も多いわけですが。この辺は戦略とか好みによって自分で決めます。なお、同速の場合は50%ずつの確率で先攻・後攻が決定される。

 種族値については以上です。


④その他

 ここではその他必要そうな知識をご紹介。

ⅰ)性格補正

 性格とはポケモン1匹1匹異なるもので、ステータスに影響が出る。-補正がかかるステータスにはステータスが0.9倍され、+補正がかかるステータスには、ステータスが1.1倍される。+補正も-補正もかからない性格もあるが、一般的には欲しいステータスに+補正をかけ、いらないステータスに-補正をかけるのが普通である。

例)プテラは特攻を必要としないので、素早さや攻撃などに+補正をかけ、特攻に-補正がかかる性格を選ぶ。

・性格早見表↓
http://wiki.ポケモン.com/wiki/%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%8F



ⅱ)ダメージ計算式

((攻撃側のレベル × 2 ÷ 5 + 2)× 技の威力 × 攻撃側の能力値 ÷ 防御側の能力値 ÷ 50 + 2)×(85~100)÷ 100

 最後の(×85~100)÷100というのが乱数数値となります。ダメージは常に一定ではなく、この最後の乱数数値によって常に一定範囲で変動します。詳しく言えば、ダメージに16段階の幅が生まれ、確定では倒せないけど乱数で倒せるなどと言った影響を与えることになる、と言うわけです。
 ここでは0.85倍が最低ダメージで、1.0倍が最大ダメージとなります。「確定○発」の確定とは、最低ダメージである0.85倍のダメージが出た場合でも○の数字で倒せる場合です。乱数になるが倒せる場合は「乱数○発」となります。この乱数の確立により、「高乱数」「中乱数」「低乱数」と言った表現がされます。



ⅲ)ランク補正

ランク補正とは「こうげきがあがった」や「ぼうぎょがさがった」などの場合、上がり幅と下がり幅の事です。

※攻撃・特攻・防御・特防・素早さの場合

ランク 倍率
-6    2/8
-5 2/7
-4 2/6
-3 2/5
-2 2/4
-1 2/3
0 2/2
1 3/2
2 4/2
3 5/2
4 6/2
5 7/2
6 8/2

※命中率・回避率

ランク 倍率
-6    3/9
-5 3/8
-4 3/7
-3 3/6
-2 3/5
-1 3/4
0 3/3
1 4/3
2 5/3
3 6/3
4 7/3
5 8/3
6 9/3

急所率のランクとは独立してるもの
特性(ふくがん、すながくれ、ゆきがくれ、はりきり、ちどりあし)→命中率×0.8倍
道具(ひかりのこな、のんきのおこう)→命中率×0.9倍
じゅうりょく→命中率×1.66倍

ただし、一撃必殺技は命中率・回避率ランクに影響されず、命中率30で固定。

※ランクの変化 (攻撃等と命中率等共通)
あがった→+1
ぐーんとあがった→+2
さがった→-1
がくっとさがった→-2
パワーぜんかいになったorさいだいまであがった→+12(攻撃)

※急所率

ランク 倍率
0 1/16
1 1/8
2 1/4
3 1/3
4以上 1/2

※急所ランクの計算
急所に当たりやすい技→+1
特性「きょううん」→+1
持ち物「するどいツメ」「ピントレンズ」→+1
持ち物「ながねぎ」「ラッキーパンチ」→+2
「はりきっている」状態(サンのみorきあいだめ)→+2

急所に当たった場合、自分に不利なランク補正は全て無視して2倍のダメージを与える(自分の攻撃ランク-や、相手の防御ランク+を無視)。ただし、当たった時に急所判定がでるため、命中率に関しては無視できない。



 最初は0で、下がると-方向に、上がると+方向にランクが上がります。急所率以外の最大・最低の絶対値は6であり、これ以上上がったり下がったりはしません。それ以上の値が+されたり-されたりした場合、余った数字は切り捨てられます(+12でランクが0の場合、+6分は切り捨て)。このランク補正はポケモンをボールに戻すとリセットされます。また、「バトンタッチ」などで引き継ぐ事が出来ます。なお、小数点以下は全て切り捨てです。


ⅳ)特性

 特性とは遊戯王で言う「モンスター効果」のようなものです。ポケモンによって1つないし2つの特性が存在し、バトルを有効に進めるための要因となっています。ポケモンごとに特性は違うので、詳しくはポケモン毎に検索してもらうしかありません。





ⅴ)めざめるパワー

 ポケモンの個体値によって、技のタイプ・威力が異なる技。なので、個体値を正確に把握していないとどのタイプなのか、威力はいくつなのかを知ることができません。幸い、個体値を完全に把握さえできれば、インターネット上のツールで調べる事が出来ますので、そちらを利用してください。ちなみに最大威力は70となります。


ⅵ)参考リンク

・ポケモンの基礎知識:「ポケモンwiki」様↓
http://wiki.ポケモン.com/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

・バトルの知識、育成の知識:「ポケモン対戦考察まとめwiki」様↓
http://www18.atwiki.jp/dppokekousatsu/ 

※前述の通り、「見せ合い6→3」が基本です。ですが「見せ合いなし6vs6戦」でも十二分に参考になるので是非。

・HG・SS関連の攻略 効率のいい努力値を稼ぐ場所、その他必要な知識:「ポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバー 攻略wiki」様↓
http://www37.atwiki.jp/hgss/

・個体値測定・めざパ測定 タマゴの孵化方法:「ポケモンの館」様↓
http://pokem.client.jp/


 長くなりましたが、以上です。これがポケモンの基礎知識の一部です。説明が足りない部分はあるとは思いますが、残りは自力で調べる事をお勧めします。調べることでより理解が深まるはず。しかし、質問は受け付けますので、是非コメントくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

Edy
2010年03月10日 22:20
ありがとうございます。では次は、よく上がってるパーティ構成について書いてくださると嬉しいです。


霧パとか今いちよう分からなくて。対戦もしたいんで暇があればお願いします。
garyuu
2010年03月11日 10:22
了解です。パーティ編成はデッキ編成に当たるので、好みとかやり方に個人差が出たりしますが、基本的な部分については近いうちにアップしますね。

対戦は是非お願いします。

この記事へのトラックバック