久しぶりに帝

 昨日はSさん・Edyさん・空さんとデュエル。途中帝王と遭遇。Edyさんの猫にズタボロにされ、Sさん相手に負け越し、まぁいつも通りの風景。とりあえずもうちょい完成度上げないといろいろやってられない。

 しかし、遅延マジシャンはわりかし強かった。帝王が使ってた時はBF(遅延ダーク?)とも互角にやりあってたし。


 んで、最近強化がご無沙汰だった帝デッキ。意外かもしれないが、私は基本公認大会には帝でしか出てません。ある意味ドラゴンパーミ以上に信頼しているデッキでもある。今後公認大会に出るとしたら、サイバーダークか帝かの2択だろうと予想している。

 そんなこんなで大会用帝デッキを組んでみた。


モンスター23枚
黄泉ガエル
クレボンス×3
邪帝ガイウス×3
氷帝メビウス×3
風帝ライザー×2
雷帝ザボルグ×2
冥府の使者ゴーズ
トラゴエディア×3
カオス・ソーサラー
サイバー・ドラゴン
マジック・ストライカー×2
ダーク・アームド・ドラゴン

魔法16
大嵐
死者蘇生
貪欲な壺
大寒波×2
月の書×2
サイクロン
念動収集機×2
緊急テレポート
スケープ・ゴート
クロス・ソウル×3
洗脳-ブレインコントロール

罠4
激流葬
王宮のお触れ×3

サイド15
砂塵の悪霊
炎帝テスタロス×2
異次元の生還者×2
我が身を盾に×2
次元の裂け目×3
超古代生物の墓場×3
暗闇を吸い込むマジックミラー×2

エキストラ15
キメラテック・フォートレスドラゴン
アームズ・エイド
A・O・J カタストル
マジカルアンドロイド
フレムベル・ウルキサス
氷結界の龍 ブリューナク
ゴヨウ・ガーディアン
ブラックローズ・ドラゴン
ダークダイブ・ボンバー
スターダスト・ドラゴン×2
ダークエンド・ドラゴン
メンタルスフィアデーモン
レッドデーモンズ・ドラゴン


 メインをどの形にするか悩みましたが、結局猫やBF対策に特化させずにオーソドックスな安定型に。生贄確保を主軸に置きつつ、トラゴや月の書・スケゴ・収集機等で微妙に防御を底上げしてあります。ただ、精神操作が流行っている今、収集機がどうなるかが微妙なラインか。基本は殴ってからの追加攻撃+メイン2シンクロと、生贄確保に。
 罠は触れ型。まぁ帝なら無難だと思う。


対猫
out
ダムド
メビウス1
ザボルグ2
ソーサラー

大寒波2
念動収集機2

お触れ3

in
悪霊1
生還者2
テスタロス2

裂け目3

墓場3
暗闇1

 墓場でシンクロ後を封じる作戦。同時に裂け目で猫を封じる。裂け目・墓場共に寒波に強いのがポイント。さらにテスタロスでハンデスできるように。大量展開された場合を打開できるように悪霊を1差し。あわよくば墓守を封じられたらなーという感覚で暗闇を1枚アクセントに。
 裂け目の関係上、ダムド・ソーサラーは事故要因と判断。実際、今使っている形で出す場面がかなり限定されてるし。基本は裂け目を守る方向で行きたいため。ただ黄泉は保険で1差ししてある。
 恐らく猫相手なら、この構成なら割と有利が付くはず。
 

対BF、遅延ダーク
out
黄泉
ダムド
トラゴ1
ガイウス2
ソーサラー

貪欲
収集機2

お触れ3

in
生還者2
テスタロス2

我が身2
裂け目3

暗闇2
墓場1

 BFも遅延も闇メインだし、BFは特にヴァーユ型を意識しているため、遅延とまとめて。まぁデッキによって微妙に変化するかもしれんが、基本はこれ。暗闇でネクガ等の闇効果を封じつつ殴り勝つ。シンクロはBFは多いが、遅延はそれほどでもないため、墓場は1.場合によっては寒波2の代わりに墓場3にするかも。
 ゴッドバード等の対策に我が身を2枚。永続魔法・罠が増えたため黄泉を抜き、生還者に。空きスペースにはハンデス用のテスタロス2を。暗闇を積むため、ガイウスは減らす。これは回り具合によって2でもいいかもしれない。3はありえんけど。
 とりあえず暗闇があるうちに殴り勝てるかどうかだと思う。正直BFとかは万能すぎて対処しづらい。

 

 サイドチェンジ後は触れがなくなるから、特にBFが怖い。GBA・神宣・奈落・サンブレ・ウイルスと怖いカードがてんこ盛り。これは戦ったデッキ次第でお触れ残すのもありだと思う。
 個人的に1番怖いのは猫型の剣闘獣。戦車があるからお触れは抜けないが、デッキの性質上殴られてから動くパターンが多いため、お触れが簡単に割られる。寒波の使い方と、クレボで守りきれるかがカギになりそう。


 次回はもう1回サイバーダークを練り直そうかと。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック