サイバーダーク




 こんどDTでドラグニティシリーズが出るらしい。その注目カード。

 DT06-JP013「ドラグニティ-ファランクス」星2 風 ドラゴン族・チューナー 500/1100 レア
このカードがカードの効果によって装備カード扱いとして装備されている場合に発動する事ができる。装備されているこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。


 強いと思う。ドラグニティというよりは、サイバーダークが(ぁ 
 サイバーダークはブラックボンバーを得て、DDBの出しやすさに定評を得たが、こいつが出てからは6シンクロも容易になる。適当なサイバーダークを召喚→こいつを装備→こいつの効果で特殊召喚→6シンクロ。
 1枚消費で6シンクロだから、疑似猫みたいに使えると思う。パルキオンは出せないが、あっちは準制限でこっちは最大9枚。ブリュとゴヨウが制限なため微妙だが、今後の6シンクロ次第で伸びると思う。

 このカードをみて思うに、これからは大会でもサイバーダークが見られるようになるんじゃないだろうか? サイバーダークは今の環境上かなり戦えそうな気がする。自分なりにサイバーダークの有利点と不利点を考えてみた。


利点
①:攻撃力が高い。

単純に仮面竜~ハウンドドラゴンと考えてATK幅は2200~2500。十二分なほど高いと言える。召喚時アド損をしているわけでもなく、この攻撃力はかなり頼もしいと言える。

②:特殊召喚をしない。

ブラックボンバーやドラグニティによるシンクロ関連を除けば、基本は仮面竜のダメステ時のみ。特殊召喚を行わない大会で見るデッキだと、基本はメタビだと思う。メタビのアタッカーの基本攻撃力は1900前後のため、①の項目がより生きてくると思う。

③:奈落にかからない。

奈落の落とし穴にかからないATK2000オーバーは純粋に強いと思う。処理しにくいし、幽閉・ミラフォ・激流を除けば、サンブレ・GBA。この辺はアド損や等価交換なんで悪い取引じゃなくなる。奈落にかからないのは地味に強いはず。

④:貫通持ち(ホーン)・ダイレクト(エッジ)

守備貫通ってのは意外と大きい。しかもサイバーダークの基本攻撃力は2000を余裕で超える。現環境は守備力の低いモンスターが多いので、割と刺さるんじゃないだろうか? また、エッジのダイレクトも強いと思う。ダイレクトで1000オーバーのダメージが入れば終盤では致命傷に成り得る。

⑤:戦闘破壊耐性

BFが流行している今、シュラ効果に耐性があるのは大きい。①で書いたとおり、サイバーダークシリーズはATKが高い。仮にこっちから攻撃してカルートを打たれても、サイバーダークは残り、シュラの効果は発動しない。相手はアド-1。悪い交換ではない。返しのターンをどう耐えるかが問題だが、1回限りとは言え戦闘破壊耐性がついてるのは利点だと思う。

⑥:ウイルスが打ちやすい。

猫が多い現環境、魔デッキが打ちやすいのは非常に大きい。かつ、⑤で上げた状態で残って入れば死デッキも打てる。多少冒険になるが、ハウンドドラゴンを装備していれば闇デッキも打てる事を考えれば、ウイルスとの相性はずば抜けていると言える。これはマッチ戦で相手のデッキを覗くというピーピングの点からみても非常に優秀なのではないかと思う。

⑦:寒波の返しが不利にならない

これは大きな利点かは微妙だが、あまり攻撃に魔法・罠を頼らないので寒波の返しのターンに強いという特徴を持つ。つまり自分が寒波を使った時有利ということ。ただ、相性がいいかどうかは未知数なので何とも言えないが。


不利点
①:除外に弱い

とにかく除外に弱い。しかし、これは鉄壁等を積めばどうにかなるので、サイドチェンジ鉄壁で安定すると思う。逆を言えば除外されなければかなり強い。

②:スキドレ系に弱い

これも相当に弱点。だが永続罠を割る手段は豊富なので、ツイスター・砂塵・お触れ・トラップイーター辺りから好みのものを投入すれば解決すると思う。

③:ワンフーに弱い

正直これが1番困る。何とか召喚時に奈落を打ったり、月の書等を使って全力で処理する必要がある。

④:高攻撃力モンスターに弱い

攻撃力2500を超えてくるモンスターの処理に困る。と、言ってもこの場合はブラックボンバーから黒薔薇ぶっぱしたり、ドラグニティからブリュにつないでバウンスしたりと処理方法はあると思う。

⑤:効果破壊に弱い

戦闘に強い分、効果破壊に弱い。基本的に強いモンスターはモンスターの効果とかで除去るケースが主なので、我が身とかで守る方向で行きたい。恐らく帝は天敵になると思う。



以上を踏まえると、利点は多いし、不利な点は比較的潰しやすいものが多い。ドラグニティシリーズが出たら構築してみるのも悪くないと思う。


 って訳で、脳内構想デッキレシピ。


モンスター20枚

上級1
ダーク・アームド・ドラゴン

下級19
ドル・ドラ
仮面竜×3
トラップ・イーター×2
ブラック・ボンバー×2
ハウンド・ドラゴン×3
サイバー・ダーク・キール
サイバー・ダーク・ホーン×3
サイバー・ダーク・エッジ×3
ドラグニティ-ファランクス

魔法12枚
大嵐
月の書×2
サイクロン
ハリケーン
闇の誘惑×2
強制転移×2
ダーク・バースト×2
未来融合-フューチャー・フュージョン

罠11枚
激流葬
ダスト・シュート
奈落の落とし穴×3
死のデッキ破壊ウイルス
魔のデッキ破壊ウイルス×2
マインド・クラッシュ×2
聖なるバリア-ミラーフォース

計43枚


サイド15枚
大寒波×3
王宮の鉄壁×3
王宮の弾圧×3
我が身を盾に×2
砂塵の大竜巻×2
闇のデッキ破壊ウイルス×2

 
 死者蘇生は相手モンスターを対象にするのみになると思うのでなし。代わりにダークバースト2。回してないから何とも言えないけど、ダークバースト3にしたり、拘束解放波入れて伏せをメタったりしても面白いかも。

 基本的に仮面竜からはドラグニティをサーチして早めに墓地へ。いつでもシンクロできるように。サイバーダークでビートしつつ、ウイルス+マイクラコンボでハンドアドを取り、勝つって感じ。

 装備が外れて800になったサイバーダークは強制転移で相手に送りつける。仮面竜とのコンボも可能。

 サイドは適当。一応

①対裂け目用の鉄壁。
②帝みたく高攻撃力+低攻撃力なしデッキ用の闇デッキ。
③スキドレ・裂け目用の砂塵。
④効果破壊対策の我が身。
⑤シンクロメインデッキに対する弾圧。
⑥伏せ多用デッキに対する寒波。

見たいな感じ。


 長々書きましたが、サイバーダークは魅力あるデッキだと思うので、気が向いたら作ってみるのもいいかも。上手く作れば大会でも勝てるデッキになると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • HIDバルブライト交換

    Excerpt: HIDバルブライト交換を紹介します Weblog: HIDバルブライト交換 racked: 2010-04-06 01:18